猫も安心して飲める水を求めている?

猫も安心して飲める水を求めている?

スポンサードリンク

 

 

 

飼い猫に与える飲み水の安全性について、飼い主が心配している一方、当の本人(本猫?)はどんな風に思っているのでしょうか?

 

猫ちゃんによって、飲み水の好みは違いますよね。
我が家のサタローは基本的に用意してあるお皿に汲んである水しか飲みません。
でも、ほかの家に行った時には猫によっていろんなパターンがあるんだな、と気付かされます。

 

水道の蛇口から出てくる水をペロペロと飲んだり、お風呂に張ってある水を飲む猫もいます。
水の温度の好みも様々で、常温の水が好きな猫、温めた水を好む猫、はたまた氷を入れた水じゃないと飲まない猫もいると聞いたことがあります。
水ならなんでもいいわけではなくて、少なからずこだわりはあるような気がします。

 

少し調べてみると、猫の味覚は人間とは違っているのですが、猫の場合「辛さ」「甘さ」などを感じる程度は人間より鈍感なんだそうです。
その一方、食べ物や水の「新鮮さ」、つまり自分の健康に与える影響ついては敏感に感じ取っているそうなんです。

 

「おいしさ」よりも「安全性」を重視して、体内に入れてもいいのかどうかを判断している、ということのようですね。

 

 

暑い季節になってきて水分補給の重要性が増してくるのは、人間だけじゃなく猫も同じです。
飲み水の管理をこまめにしてあげることが大切ですし、暑さによって起こる体調の変化にも気を使ってあげたいものです。

 

日頃ドライフードを食べさせている猫ちゃんなら、夏の間だけはウェットフードを与えるようにするなどすると、水分を効率的に与えることができそうですね。

 

猫の飲み水の選び方トップページへ

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク